ここから本文です

人気急上昇中の若手俳優・稲葉友、初主演ドラマ「ひぐらしのなく頃に」の見どころを語る/<視線の先>インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 5月27日(金)10時2分配信

謎が謎を呼ぶ緻密な構成が人気を集め、累計発行部数1000万部超を突破した超人気ミステリー作品「ひぐらしのなく頃に」が初のドラマ化。5月20日午後9時よりBSスカパー!にて放送されている。一見、平和に見える村で起きた凄惨(せいさん)な連続怪死・失踪事件の謎を描き出した同作は、原作のエピソードである「鬼隠し編」「綿流し編」「祟(たたり)殺し編」を2話ずつ全6話の構成で実写化。地上波ドラマでは決して描くことのできない過激なホラー演出・描写で、原作の世界観をリアルに再現している。

BSスカパー! オリジナル連続ドラマ「ひぐらしのなく頃に」 第1話鬼隠し編 前編 本編映像>>

今回、物語の主人公を務めるのは、「仮面ライダードライブ」や「MARS~ただ、君を愛してる~」などで人気急上昇中の俳優・稲葉友。村で起きる不可解な出来事に翻弄(ほんろう)される少年・圭一を熱演している。今回は、ドラマ初主演を果たした稲葉に、ドラマにかける意気込み、今後の見どころなどを聞いた。

――「ひぐらしのなく頃に」といえば、ゲーム、アニメ、小説、映画など幅広いジャンルで展開された人気作ですが、ドラマ化のお話を聞いていかがでした?

稲葉「自分が中学の時に読んでいた、昔から知っているあの本の世界に入ることができるんだと思ったら、ワクワクしましたね」

――新潟ロケが長期にわたって行われたとのことですが、スタッフ、キャストの皆さんのチームワークもまとまってきたのでは?

稲葉「そうですね。ひと月以上行われたのですが、日々、撮影に参加しているメンバー同士でまとまっていて、いい形が出来上がっているなと思います」

――ハードなロケが続いているようですが、全体のスケジュールとしては、折り返し地点は越えたそうですね。

稲葉「そうなんですか! どれくらい撮影が進んでいるかわからなくなるくらい、今は毎日の撮影に集中していて。この調子だと、クランクアップの時には『もう終わりなのか』とビックリしてしまうかもしれないですね(笑)」

――稲葉さんが考える圭一像とは?

稲葉「二面性がある人だなと。例えば頭がいいんだけど、おバカな面があったり、冷めているようで熱かったり、クールなようで仲間思いだったり。それゆえにいろいろな事件に巻き込まれたりするのかなと思いました」

1/2ページ

最終更新:5月27日(金)10時2分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。