ここから本文です

高岡市 住民税の督促状 誤送付/富山

チューリップテレビ 5月27日(金)0時56分配信

 すでに税金を支払っている市民に、督促状が届きました。
 高岡市は、住民税の督促状10件を、すでに支払い済みの市民に誤って送っていたと発表しました。
 督促状に記載された金額は、最大で36万円以上にのぼります。
 高岡市が誤って送付したのは、市民税と県民税、いわゆる住民税の督促状10件です。
 市によりますと、24日、90人分の督促状を発送したところ、届いた人から「未納は、ないはず」と指摘があり、調べた結果、すでに住民税を納めている10人に誤って送っていたことが分かりました。
 督促状は、確定申告などにより昨年度分の住民税が増えた人を対象にしたもので、今回誤って督促状が届いた人たちは、税額の変更もありませんでした。高岡市は、すでに督促状の回収と対象者への謝罪を終えています。
 原因について、市では、市の職員の人的なミスと、システム管理を受託している会社のプログラムミスの両方の可能性があるとみていて、さらに詳しく調べることにしています。

チューリップテレビ

最終更新:5月27日(金)0時56分

チューリップテレビ

【生中継】小池百合子都知事の会見