ここから本文です

ふなっしープロデュース「フナクマ」とは? 北海道発スイーツ 東武船橋店で限定発売!

ちばとぴ!チャンネル 5月27日(金)15時34分配信

北海道津別町発の“謎のスイーツ”として注目されている「クマヤキ」が、ふなっしープロデュースにより「フナクマ」として5月26日から6月1日まで、東武百貨店船橋店で期間限定販売されています。

同店サイトの紹介文では『「クマヤキ」に萌えてください。』とあり、どうやら萌え系スイーツのようです。

「クマヤキ」はクマ型に道産のバターなどで作った生地を流し、あんを挟んで焼く、たい焼きのような同町のローカルフードで、津別町の道の駅でのみ販売されているとのこと。

SNSを中心に話題となり、北海道放送(HBC)のテレビ番組「それ行け!北海道物産展」がTBS系列で先日放送されたことで、首都圏のスイーツ好きも「クマヤキ」に萌え始めたわけです。

そして、このクマヤキが、船橋に上陸。

さ・ら・に!

船橋市の非公認キャラクター、ふなっしーがプロデュースして船橋風にアレンジし、「フナクマ」を誕生させたのです。

「フナクマ」は、あんの代わりに同市特産の梨で作ったジュレを挟んでいます。当然、梨です。開発には、船橋市内の人気菓子店「アントレ」の高木康裕シェフが協力しました。

ところで、なぜ、ふなっしーがプロデュースすることに?

実は、津別町と船橋市は約30年前から青少年育成事業を通じて交流があったのです。長年の地域交流の結晶が「フナクマ」なんですね。

最終更新:5月27日(金)15時34分

ちばとぴ!チャンネル