ここから本文です

ホークス飯田、中継ぎで今季初白星 「みんなの勝利。その一員になれた」

Full-Count 5月27日(金)7時20分配信

「ピンチの時ほど冷静に」、1死満塁から登板し完璧な火消し

 26日のオリックス戦、中継ぎとして2回2/3を投げ、今季初白星を手にしたソフトバンク飯田優也。先発・中田賢一が押し出しの四球を与えて同点とされた直後、なお1死満塁という大ピンチでの登板となった。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

「自分の持ち味を出そうと思った」と語る飯田は、1番・西野真弘をショートライナー、2番・小島脩平をショートフライに打ち取って、見事な火消しを見せた。

「気落ち的には自然とアドレナリンが出るし、気合も入る場面。ただ、『ピンチの時ほど冷静に』と考えて、それができたと思う。最初の打者をアウトにしても『チェンジになるまでは』と思ってしっかりやれた」

 続く5回には、先頭の糸井嘉男を四球で出した後に連続三振で2死とするも、続く小谷野栄一の打球が大きくイレギュラーして、不運な形で同点とされた。

先発への強いこだわりも…「今年は中継ぎでしっかり結果を出したい」

「野手のみなさんが『切り替えろ』『大丈夫、大丈夫』と声をかけてくれたし、もともとは自分が出して走られたランナーだったので、切り替えもできた。次がブランコだったので、とにかくそこに気持ちをもっていかないと、と思った」

 ブランコを見逃し三振に取り、続く6回は3者凡退。その裏の攻撃で味方が勝ち越して、今季初の白星を手にした。

「やはり先発で勝った時のうれしさの方が大きい。中継ぎでの勝利は『みんなで勝った』という感じの方が強いし、自分もそのうちの一員になれたという感じ」

 飯田は「将来的には“頭”でやりたい」と先発への強いこだわりを見せた。しかし、「今年は中継ぎでしっかり結果を出したい」と、リリーフ専念を宣言。これからも中継ぎとしての役割をまっとうしながら、『みんなの勝利』を積み重ねていく。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:5月27日(金)7時20分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報