ここから本文です

チュート徳井、共演減った有吉弘行に好かれてないのではないかと不安……有吉の答えに涙

トレンドニュース(GYAO) 5月27日(金)16時6分配信

お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が、お笑いタレント・有吉弘行から好かれていないのではないかという不安を告白。有吉本人からの答えに涙した。

チュート徳井が殴り合い、そして涙>>

徳井は5月26日放送のTBS系「櫻井・有吉 THE夜会」に出演し、そのなかで「有吉にあまり好かれていないのでは? と悩んでいる」「厳密に言うと、好かれてないのではというより、嫌われも好かれもしない、何も思われていないのではないか」と不安を告白した。有吉も「昔に比べて共演は減った」と相づちを打ち、徳井は「有吉さんの世界に俺が存在してないんじゃないかっていう怖さ。誰しも自分の存在が無だったら怖い」と続けた。

しかし手紙で明かされた有吉の回答は、「好き」。有吉はあだ名命名芸で再ブレイクしかけて、さまざまな芸能人からあだ名をねだられていた頃、休憩中に徳井がポツリと「あだ名地獄、つらいっすね」と気遣ってくれたのが印象的だったと明かし、「ありがたいし、面白いのも知ってる。ちゃんと面白い人はこっちがどうイジるわけでもないし、どうしても距離が開く」と説明した。徳井は涙をぬぐい、有吉は「徳井がいないところで“とっくん”って呼んでる」とジョークを飛ばして好感情をアピールした。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:5月27日(金)16時6分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。