ここから本文です

レッズDF槙野は左サイドバックとして招集 「日本の代表として責任と誇りを持って闘います」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月27日(金)13時17分配信

フィジカルの強さが評価される槙野

JFA(日本サッカー協会)は、6月に日本で開催される「キリンカップサッカー2016」に向けた日本代表メンバーを発表した。浦和レッズからはGK西川周作、DF槙野智章、MF柏木陽介、DF遠藤 航が選出された。

指揮官のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、招集した槙野智章について「左サイドバックで競争してほしい」と語り、その理由について「このポジションでプレイしたことがあると把握している。これから迎える試合では彼のヘディングやフィジカルの強さが必要になってくる」と説明している。

同選手は自身のブロクで代表メンバーに選ばれたことをファン・サポーターに報告し、「日頃から切磋琢磨し、高い意識で高いモチベーションでバトルし合あえているチームメイトに感謝。日本の代表として責任と誇りを持って闘います!!」と綴っている。

日本代表は6月3日にブルガリア代表(会場:豊田スタジアム)と7日にボスニア・ヘルツェゴビナ代表もしくはデンマーク代表(会場:市立吹田サッカースタジアム)と対戦する予定となっている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月27日(金)13時17分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。