ここから本文です

中居正広「ファンレター読まない」発言、ファンは真逆に捉え真意を読み取る

MusicVoice 5月27日(金)17時26分配信

 24日にテレビ朝日系で放送された『中居正広のミになる図書館』の中で、SMAP中居が「ファンレター読まない」と発言したことがネット上で話題になっている。

 番組の中で中居は、タレントの劇団ひとりからファンレターの返事を書いたことがあるか、との問いかけに「ない。ファンレター読まない」と発言。さらに、「読むフリはするよ。ラジオとかで皆さんの手紙が僕のエネルギーとなりとか言うけど、全部ウソだよね」などとコメントした。

 こうした発言に、この放送を観た人やネットニュースを読んだ人の間で賛否が渦巻いた。というのも、中居のファンと世間一般で真逆の感想が出ているためだ。そうした相対する感想を寄せたまとめサイトが登場するなど、一気に話題は広がった。

 中居のファンではないと思われる人の声では、「それ、ファンに対して失礼だろ!」「ファンが可哀想だ」「中居くんファンレター読んでないの..別に好きじゃないけどなんかショック」などのコメントがなされ、ファンを大切にしていないと非難する声も見られた。

 ただ、中居のファンと思われる筋からは「出たー」「ヲタ的には“ツンデレ”」「中居くんはシャイだから」「あれ、一般の方は真に受けちゃうんだ」と、まったく逆の感想が寄せられ、「中居さんとファンにしか分からない育」「重い重いって言いながら、ファンの気持ちを背負い過ぎな位背負ってるのわかってる」「ファンへの信頼があるからこそできる発言」などと、中居の発言を真逆に捉え、その真意を読み取り、好意的に受け止めているようだ。

最終更新:5月27日(金)17時26分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。