ここから本文です

新車導入や高架化を推進 渋谷、新線新宿駅はホームドア設置へ 京王

乗りものニュース 5月27日(金)17時42分配信

既存車両のリニューアルも継続して実施

 京王電鉄は2016年5月27日(金)、今年度における鉄道事業の設備投資計画を発表しました。投資総額は217億円です。

 新型車両である5000系電車については、今年度は設計などが進められます。この車両は、電源コンセントや公衆無線LANが設けられるほか、2人掛け座席を前向きの「クロスシート」と側面窓と平行になる「ロングシート」の2通りに変えられるという特徴があります。運行開始は2018年春の予定です。

 既存車両については、京王線の9000系電車7編成と井の頭線の1000系電車3編成において、ドア上の液晶ディスプレイが2画面になります。また、京王線の8000系電車3編成と井の頭線の1000系電車3編成では、車内のリニューアルを継続。手すりや吊り革がにぎりやすい形のものに交換されるほか、座席端の仕切り板などが設置されます。

 井の頭線の下北沢駅(東京都世田谷区)では改良工事が進行中。2016年度は小田急線との乗り換え通路などについて工事が進められます。渋谷駅と新線新宿駅ではホームドアの導入に向け、今年度は設計業務などが行われます。2019年度までに使用が開始される見込みです。

 京王線の笹塚~仙川間およそ7.2kmでは、事業主体である東京都および世田谷区、渋谷区、杉並区とともに連続立体交差事業を推進。今年度は用地取得や設計業務が実施されます。なお、この区間が高架化されると25か所の踏切が廃止される予定です。

 このほか、高架橋などの耐震補強や府中駅(東京都府中市)、京王よみうりランド駅(同・稲城市)のリニューアル、踏切障害物検知装置の高精度化なども計画されています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月28日(土)18時56分

乗りものニュース