ここから本文です

ツォンガが大逆転勝ちで、グランドスラム100勝目 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月27日(金)14時30分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の5日目。

 第6シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)がマルコス・バグダティス(キプロス)に対して2セットダウンから巻き返し、6-7(6) 3-6 6-3 6-2 6-2で下して8年連続の3回戦進出を決めた。この勝利はツォンガにとって、グランドスラム通算100勝目となった。

地元フランスのツォンガが2セットダウンからの逆転勝利で3回戦へ [全仏オープン]

 ツォンガは2008年の、バグダティスは2006年の全豪準優勝者同士の対戦。

 ツォンガが2セットダウンから挽回したのはこれが3度目。一方のバグダティスは、この試合以前にセットカウント2-0リードから逆転負けを食らったことは一度もなかった。

 グランドスラムで100勝したフランス人は、これまでに二人しかいない。テニスがオープン化されるずっと前の時代の、ジャン・ボロトラ(102勝)と、アンリ・コシェ(103勝)だ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 26: Jo-Wilfried Tsonga of France celebrates victory during the Men's Singles second round match against Marcos Baghdatis of Cyprus on day five of the 2016 French Open at Roland Garros on May 26, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:5月27日(金)14時30分

THE TENNIS DAILY