ここから本文です

セレナとヴィーナスが同スコアの圧勝で3回戦進出 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月27日(金)15時32分配信

 フランス・パリで開催されている全仏オープン(5月22日~6月5日)の5日目。

 ディフェンディング・チャンピオンのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が3回戦に駒を進めた。世界ランク81位のティアナ・ペレイラ(ブラジル)を6-2 6-1、わずか66分で破った。

ウイリアムズ姉妹がともにストレート勝利で2回戦を突破 [全仏オープン]

 第1セットのセレナはこの試合で決めた31本のウィナーのうち22本を叩き出し、アンフォーストエラーは3本のみだった。

 セレナが今大会で優勝すると、22番目のグランドスラム・タイトル獲得となり、これはシュテフィ・グラフ(ドイツ)が打ち立てたオープン化以降の最多記録と並ぶものになる。

 セレナの姉ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)も、2010年以来となる3回戦進出を決めた。

 7つのグランドスラム・タイトルを持つ第9シードのビーナスは木曜日、予選上がりの20歳、ルイーザ・チリコ(アメリカ)をわずか54分、6-2 6-1のスコアで倒した。

 来月36歳になるビーナスは、2002年大会の決勝でセレナに敗れて準優勝している。ここ最近のビーナスは、ロラン・ギャロスではあまり成功を収められていない。2012年から15年までは決まって1、2回戦で敗れ、2011年は欠場していた。

 ビーナスの勝利は、同日、セレナが同じコー上、同じスコアで勝ったすぐあとに実現した。ふたりはこのまま勝ち進むと準決勝で対決することになる。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 26: Serena Williams of the United States is congratulated by Teliana Pereira of Brazil during the Ladies Singles second round match on day five of the 2016 French Open at Roland Garros on May 26, 2016 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:5月27日(金)15時32分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]