ここから本文です

時速371km、賞金10億円・・・“常識外れ”の世界!「インディ500」はまさにアメリカンドリーム!

オートックワン 5月27日(金)20時0分配信

今週末は、まさに“レーシングウィーク”!

今週末は、世界的な“レーシングウィーク”である。世界三大レースのうちのふたつ、「インディ500」と「F1 モナコGP」が開催される。

時速371km/h、賞金10億円・・・“常識外れ”の世界「インディ500」[画像18枚]

モナコは1929年から始まったがインディは1911年にスタート、今年はぴったり100回目の記念すべきレースとなる。

モナコGPは、モナコ湾を囲む1周3.34kmのガードレールで区切られた狭い市街地を走る。ワンミスがガードレールへのクラッシュを意味する、極めてリスキーなコースだ。

ドライバーが気を抜く隙がないことは、誰でもわかるだろう。

強烈なGで“コンタクトレンズがずれる”常識外れの世界

一方、インディ500が行なわれるインディアナポリス・モーター・スピードウェイは、1周約4kmの単調な四角いコースだ。曲がりくねったモナコと違って、弁当箱のような形だから気楽なものだ、と思うかもしれないが、とんでもない。

今年のインディ500の予選最速は、ホンダ・エンジンを搭載するジェームズ・ヒンチクリフが記録した230.760m/h、時速に換算すると、371.371km/hという凄まじいスピードだ。

さらに驚くのが、この数字は最高速ではなく4周の平均なのである(!)ドライバーはモナコ同様、気を抜く隙がない。

インディアナポリスは“オーバルコース”だ。要するに楕円形の単調な形をしている。ならば、ひたすらアクセルべた踏みで200周500マイルを走ればいいんじゃないの、と思われがち。

しかし、実は、ぜんぜんそんなことはない。平均時速370km/hの世界は、常識では考えられないことが起きてくる。例えば、コーナリングでは、強烈な横Gがかかる。その凄まじさは“コンタクトレンズが使えない”ということでもわかる。強烈な横Gによる遠心力で、コンタクトがズレてしまうからだ。

クルマがレールの上を走るなら話は別だが、レーシングカーにはレールがない。つまり、普通のクルマと同じようにハンドルを切って方向転換し、進路を決める。しかし、時速370km/hで走っている時には1秒間で102.7m移動する。かすかなハンドルの切り損ねが、大変なことになるのはわかるだろう。

さらにハンドルは、コーナーに切り込むのではない。手を離すと左に曲がる設定になっているからだ。コーナーではハンドルを支える手の力を緩め、直線では右にハンドルを切る方向に力を入れている。それを平均370km/hで行なう。

レーサーは気楽な家業ではないということだ。

1/3ページ

最終更新:5月27日(金)20時56分

オートックワン