ここから本文です

メタル芸人たちによるメタル集会が開催

E-TALENTBANK 5月27日(金)18時52分配信

メタル好きな大人達の勢いが止まらない。先日、BS日テレの「Hot Dog Press TV」で企画された「大人メタル合唱団」では大人が真剣にメタル・コーラス隊を結成し、ステージデビューを果たしたばかりだが、到る所でメタル魂の燃え広がりが止まらない。

よしもと所属のメタル芸人、橋山メイデン(コンビ名メイデン玉砕)が、メタル好きの芸人仲間と定期的に開催しているトークライヴ「HEAVY METAL THUNDER!!! Voll.8」が5月24日(火)に「下北沢ろくでもない夜」で行われた。

橋山メイデンはその芸名の通りアイアン・メイデンを崇拝し、見かけは長髪にスパイクのリストバンドといったバリバリ筋金入りのメタラーで、渡辺直美と同じく東京NSC12期生だという。自らYouTubeチャンネル「メイデン玉砕のHeavy Metal TV」を立ち上げ、ヴァイキングメタル装備で街を歩いてみたり、BABYMETALに対抗する熟女をオーディションしてBBAMETALを結成させるなど、ハチャメチャながらもメタルネタで活躍する熱い芸人なのだ。

今回のイベントではメタル絡みのネタをやるお笑いライヴではなく、内容は完全にメタルネタのトーク中心である。それでもコアなメタル・ファンの心をくすぐるほどのマニアックなイベントとして成立している。メイデンと共に揃った他の芸人、木曽さんちゅうは「整いました!」のフレーズでお馴染みのなぞかけお笑いコンビ、「Wコロン」の一人。現在フリーだが、漫談、番組・イベントの司会をやっているだけに、グダグダにならないようまとめや進行役が上手かった。

元大阪NSC出身、チャンス大城は過去の芸名「心臓反対」表す通り、右心臓の持ち主で、過去にテレビ番組で取り上げられたこともあった。関西弁のせいか、彼のボケ満載なトークに、呆れる程にお粗末なギターの腕前でメタリカ、メガデス、スレイヤーのフレーズを弾いてみせるお茶目さに笑いを集めていた。

そして、生きる放送禁止炎上芸人と言われる殿方充も加わり、時事メタル裏ネタなど興味深い話題で話は進行していく。新井薬師駅で奥さんと喧嘩して泣いていたマーティ・フリードマンを目撃したという話はでっち上げだか本当だかその真相は不明のままだが、誰も記事に出来ないような内容もいくつかあった。更にスペシャルゲストとして、過激ないでたちのメタル英語講師Tetsuも登場。すぐに使えるメタル英語フレーズをいくつか用意し、場内のお客さんとリピートアフタミー形式で芸人並みの話術で場を盛り上げる。

後半はYouTubeやクイズで用いたネタゲームなどをPCの画面をスクリーンに映し、正解者にはプレゼントを渡すなど、アットホームでディープなイベントだった。芸人として披露する持ちネタは一切ないものの、一般のメタル・ファンが居酒屋で話すような感覚で、メタル好きな芸人が集まって聞くメタル話も間違いなくビールが進むであろう!
 
Text&Photo:Keiko “Ginger” Suzuki

最終更新:5月27日(金)18時52分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。