ここから本文です

アンチェロッティも驚いたイブラの発言「クレスポはストライカーだが違いを作れない。作れるのは世界で3人だけ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月27日(金)19時20分配信

強烈なイブラの言動と行動

現在マンチェスター・ユナイテッド行きが噂されて注目を集めているFWズラタン・イブラヒモビッチは、これまでのキャリアで名言と呼ぶべき言葉を何度も口にしてきた。そんなイブラヒモビッチの言動や行動には、PSGで仕事をともにしたカルロ・アンチェロッティも驚かされたようだ。

英『Daily Mail』によると、アンチェロッティは思っていることを正直に話すイブラヒモビッチの姿勢に驚かされたようで、新たに執筆した自身の本の中でイブラヒモビッチに関するエピソードをいくつか紹介している。

「ある日の練習で、イブラは1人の若手選手が全力を出していないと思ったのだろう。練習が終わるとその選手を呼び出し、こう言った。今すぐ家に帰って自分の日記にズラタンと一緒にトレーニングしたことを書きに行け。オレが君と練習するのは今回で最後だと思うからなとね。イブラはあまり人の扱いが上手い方ではないかもしれないが、彼は勝者なんだ。彼はトレーニングでも負けたくないと考えているし、常に100%を出して戦っているんだ」

「イブラは本心を明かすことを恐れていない。私に対してもだ。以前エルナン・クレスポについて話したことがあり、私はクレスポが素晴らしいストライカーだと言った。するとイブラは、クレスポはストライカーだ。だけど、彼は違いを作れない。違いを作れる選手は世界に3人しかいない。オレ、そしてメッシとクリスティアーノ・ロナウドだけだと言ったんだ」

圧倒的な自信がなければこのような発言はできないが、イブラヒモビッチはこれまで所属してきたクラブで確かな結果を残している。結果が伴っているところもイブラヒモビッチの魅力の1つなのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月27日(金)19時27分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。