ここから本文です

現役米大統領初の広島訪問、被爆者たちの言葉

AFPBB News 5月27日(金)16時55分配信

(c)AFPBB News

【5月27日 AFP】世界初の核攻撃を生き延びた人々の心には、米国が恐ろしい爆弾を広島上空から投下した日に経験したことが永遠に焼き付いている。生存被爆者は歳を重ね、その数は次第に少なくなっているが、70年を超える歳月を経た今でも、絶えずつきまとう記憶は少しも薄れることはない。

 バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領による平和記念公園(Hiroshima Peace Memorial Park)慰霊碑への献花を前に、被爆者たちがAFPに当時の体験を語った。オバマ大統領の広島訪問は、現職の米大統領として初めて。(c)AFPBB News

最終更新:5月27日(金)16時55分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。