ここから本文です

吹田Sで開催される初の代表戦に燃える東口&宇佐美「G大阪ファンが誇りに思える戦いを」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月27日(金)20時30分配信

“ホーム”での代表戦で結果を残せるか

6月上旬に開催されるキリンカップ2016の日本代表メンバーにガンバ大阪からGK東口順昭、FW宇佐美貴史が選出された。

5年ぶりの開催となるキリンカップを戦う日本代表は6月3日に豊田スタジアムでブルガリア代表と対戦。この試合に勝利すれば決勝戦、敗戦の場合は3位決定戦を7日に吹田スタジアムでボスニア・ヘルツェゴビナ代表、またはデンマーク代表と戦う。また7日に開催される決勝戦と3位決定戦が、今年からG大阪のホームスタジアムとなった吹田スタジアムで行われる初めての国際Aマッチとなる。

“ホームスタジアム”で開催される初めての代表戦に選出された東口はクラブ公式サイトを通じて、「選出されたことにいつも以上の喜びを感じています。しかし、これまでと変わることなく、試合までの練習と1戦1戦をしっかりと戦い抜き、このスタジアムで自分自身が出場できるように準備したいと思います」とコメント。また同じくG大阪から選出された宇佐美は「代表を応援してくださる方はもちろん、ガンバ大阪のファンの方が誇りに思える戦いができるよう、しっかり戦いたいと思います」と語った。

2016年シーズンから吹田スタジアムでホームゲームを戦うG大阪だが、現在まで公式戦2勝1分6敗と苦しい戦いが続いている。しかし直近のリーグ戦では、ジュビロ磐田相手に逆転勝利で吹田スタジアムでの2勝目を記録。次の公式戦は代表戦の4日後、6月11日に湘南ベルマーレと対戦する。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月27日(金)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]