ここから本文です

ゲッツェのようなスターだけを見るな クラブOBが訴えるリヴァプールに必要なものとは

theWORLD(ザ・ワールド) 5月27日(金)20時50分配信

若い選手ばかりを狙うべきではない

今夏リヴァプールサポーターが期待している新戦力といえば、ユルゲン・クロップのスタイルにフィットする優秀なアタッカー、失点の多さを解消できる優秀なDFだ。これまでバイエルンMFマリオ・ゲッツェの獲得が噂され続けてきたように、確かなテクニックとクロップの求める運動量を兼ね備えた選手がターゲットとなる。

しかしリヴァプールやレスター・シティなどでプレイしたガリー・マカリスター氏は、もう1つ忘れてはならない重要な補強ポイントがあると考えている。それはベテラン選手の確保だ。リヴァプールは今夏にコロ・トゥーレとマルティン・シュクルテルのベテランDF2枚を放出すると言われており、最終ラインから2人も経験豊富な選手が消えることになる。英『Liverpool Echo』によると、同氏は経験豊富な選手が必要な時がやってくると主張しており、若い選手ばかりを追うスタンスはやめるべきと意見している。

「現代のフットボールは、若者がやるゲームになっている。走力が求められるからね。だが、時には冷静さや経験が必要になってくるものなんだ」

特にクロップのスタイルには走力が求められており、それにベテラン選手が適応するのはなかなか難しい。同氏はリヴァプールがあらゆるオプションを考えているはずと今夏の補強プランに期待しているが、リヴァプールは経験豊富な選手もチェックしているだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月27日(金)20時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。