ここから本文です

SB2軍がタマスタ筑後で初ナイター 山田好投で快勝、水上2軍監督「いい経験」

Full-Count 5月27日(金)22時9分配信

水上2軍監督「選手たちには本当にいい経験。この施設に感謝」

 27日、ソフトバンク2軍がタマホームスタジアム筑後で初のナイトゲームを行った。開催されたのはウエスタン・リーグ公式戦で、広島との12回戦。試合は、ソフトバンクが10安打と山田大樹の好投で9-2と快勝し、筑後初ナイターに詰めかけた2311人のファンを喜ばせた。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 水上善雄2軍監督は「まずは勝ってホッとした」と安堵の表情を浮かべながら、初のナイター開催について語った。

「(球場が)ものすごくきれいだったし、その中でホークスのユニフォームが躍動してくれた。いろいろな意味ですごくいいゲームができた。今は割とドームが多いので、(野外と)同じとは言えないが、LED照明の下でやれたことは選手たちにとって本当にいい経験になると思う。この施設に感謝したい」

 同球場での次回ナイター開催は、6月21日、22日の阪神戦となる。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:5月27日(金)22時26分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。