ここから本文です

エジルがアーセナルとの契約延長交渉を延期  移籍の可能性も排除せず

theWORLD(ザ・ワールド) 5月27日(金)21時32分配信

EURO 2016終了後に話し合いへ

今季プレミアリーグで19アシストを記録したアーセナルMFメスト・エジルは、クラブにとって絶対欠かせない人材だ。アーセナル側は年俸アップの新契約をエジルに提示しており、今季アシストを量産したドイツ代表MFの残留に向けて動いている。

しかし、エジル本人はアーセナルとの契約延長をためらっている。英『The Times』によると、エジルはアーセナルとの話し合いを先延ばしにしているようで、EURO2016終了後に話し合いをスタートさせる考えだ。

同メディアはエジルが今季も無冠に終わったアーセナルの将来に疑問を持っていると伝えており、契約延長を急いでいない。また、27歳のエジルは自身の年齢的にも大きな契約が結べるのはこれが最後と考えているようで、エジルに関心を抱いているクラブへの移籍も1つの選択肢に入っている。

現在エジルにはユヴェントスなど複数の強豪クラブが関心を示しており、伊『Calciomercato』もエジルがアーセナルとの話し合いを断ったことを報じている。同メディアはエジルのユヴェントス移籍はまだ実現可能だと伝えており、現代屈指のチャンスメイカーであるエジルの動きに注目している。果たしてエジルは今夏どのような判断を下すのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月27日(金)21時32分

theWORLD(ザ・ワールド)