ここから本文です

阪神岩貞が初完封、巨人6連敗、DeNA5連勝、楽天連敗脱出…27日のプロ野球

Full-Count 5月27日(金)23時10分配信

巨人菅野は自責ゼロも今季初黒星で5位転落、SBはロッテとの首位攻防戦第1R制す

 プロ野球は27日、各地で5試合が行われた。セ・リーグでは、阪神が巨人に1-0で勝利。防御率リーグ2位の先発・岩貞が9回3安打無失点7奪三振4四球と快投し、プロ3年目で初完投初完封。初回に相手の失策絡みで挙げた1点を守り切った。防御率リーグ1位の巨人菅野は自責ゼロながら7回1失点で今季初黒星。巨人は泥沼の6連敗で5位に転落した。

2016年 NPB順位表

 中日はヤクルトに競り勝った。4回までに5点を先制するも、7回までに同点とされる。しかし、7回にナニータが決勝犠飛を放った。8回は福谷、9回は田島が無失点に抑えて勝利。首位広島と2・5ゲーム差とした。広島はDeNAに完敗。先発の黒田はピンチの連続ながら6回2失点と粘投も、打線がDeNA先発・井納の前に沈黙した。DeNAは5連勝で借金返済まで「1」とし、4位に浮上。8回5安打1失点の井納は4勝目を挙げ、4番の筒香は2本のタイムリーを放った。

 楽天は日本ハムに競り勝ち、連敗を「9」でストップ。1点を追う6回に銀次が逆転2点二塁打を放った。先発・塩見は7回2失点の好投で2勝目。4回には先頭のドラ2吉持がヒットで出塁してチャンスメークし、ドラ3茂木が先制打。捕手のドラ6足立もう好リードを見せるなど、新人トリオも活躍した。

 ソフトバンクは3ゲーム差で迎えた2位ロッテとの首位攻防戦第1ラウンドを1-0で制した。先発の東浜が8回4安打無失点の、快投で無傷の3勝目。打線は前日に3安打2打点と躍動した今宮が、7回に2試合連続の決勝打を放った。ロッテ涌井は9回7安打1失点の好投ながら、打線の援護に恵まれず2試合連続の完投負けとなった。

【セ・リーグ】
◇巨人 0-1 阪神(東京ドーム)
勝 岩貞(4勝2敗)
敗 菅野(4勝1敗)

◇中日 6-5 ヤクルト(ナゴヤドーム)
勝 岡田(2勝1敗)
敗 松岡(1勝1敗)
S 田島(2勝0敗2セーブ)
HR【ヤ】飯原2号

◇DeNA 6-1 広島(横浜)
勝 井納(4勝4敗)
敗 黒田(4勝2敗)

【パ・リーグ】
◇楽天 3-2 日本ハム(Koboスタ宮城)
勝 塩見(2勝2敗)
敗 谷元(1勝1敗)
S 松井裕(0勝3敗8セーブ)
HR 中田6号

◇ロッテ 0-1 ソフトバンク(QVCマリン)
勝 東浜(3勝0敗)
敗 涌井(5勝2敗)
S サファテ(0勝2敗16セーブ)

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月27日(金)23時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報