ここから本文です

人気バンド・[Alexandros]、大阪で初の試み

Lmaga.jp 5月27日(金)9時0分配信

今年も多くの夏フェスに出演するなど勢いがとまらない4人組ロックバンド・[Alexandros](アレキサンドロス)が、客席を360度すべて解放したステージのライブ『Premium V.I.P. Party』を、6月26日に「大阪城ホール」(大阪市中央区)で開催する。

UKロック、ギターロック、パンク、ダンスミュージックなど、海外のムーブメントにリアルタイムで呼応した攻撃的なサウンドに、不思議なキャッチーさを併せもつ楽曲、ボーカル・川上洋平の甘く哀愁漂うハイトーンボイスで、以前からマニアックな支持を集めてきた彼ら。昨年のメジャーデビュー以降、一気に認知を広げ、ヒット曲「ワタリドリ」が大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」のアトラクション『ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド』に搭載されるなど、めざましい快進撃を続けている。

そんなタイミングでの今回のステージプランは、[Alexandros]史上初となる試み。どんなステージになるのか詳しくは明かされていない(センターステージではないとのこと)が、いつも以上に躍動感あふれるパフォーマンスが期待できそうだ。チケットは5月29日の10時から発売される。

文/井口啓子

最終更新:5月27日(金)13時41分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。