ここから本文です

首位Rソックス連勝ストップ ブラッドリーの連続試合安打も「29」で止まる

ベースボールキング 5月27日(金)12時3分配信

● レッドソックス 2 - 8 ロッキーズ ○
<現地時間5月26日 フェンウェイ・パーク>

 ロッキーズが意地を見せカード全敗を阻止。対するレッドソックスは連勝が「4」で止まり、ジャッキー・ブラッドリー外野手の連続試合安打記録も「29」で止まった。

 ブラッドリーは前日の試合で2安打を放ち、ジョニー・デーモン氏と並ぶ球団歴代4位タイの29試合連続安打をマーク。この試合は「1番・中堅」でスタメン出場し、初回の打席は大きな右飛に倒れた。

 第2打席は投ゴロで、第3打席でも中堅への大飛球。しかし、こちらもフェンス前で失速し、野手のグラブにダイレクトで収まった。8回の第4打席は積極的に初球を狙うも結果は二ゴロ。2-8の9回は、あと一人出れば5打席目が回ってくるところだったが、代打・ベッツが一ゴロに倒れた。

 ブラッドリーは4打数無安打で記録ストップ。それでも打率.341を誇る若き外野手には、暖かい拍手が送られた。

 レッドソックスは初回、4番オルティスの12号2ランで先制するも、2回以降はロッキーズ先発・グレイの前に沈黙。先発のバックホルツは3本の2ランを浴び、6回途中6失点で5敗目(2勝)。連勝ストップで小休止となったが、チームは29勝18敗の好成績で、ア・リーグ東地区首位を快走している。

BASEBALL KING

最終更新:5月27日(金)12時5分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。