ここから本文です

shepherd、追悼&解散ライブのサポートアーティストを発表

RO69(アールオーロック) 5月27日(金)21時0分配信

shepherdが、2016年6月21日(火)に渋谷club乙で開催する公演「brand new last parade」のサポートアーティストを発表した。

同公演は、中野誠之(Vo)への追悼ライブとなり、これをもってバンドは解散する。このアナウンスで、同事務所のカフカ、ジョゼ、中学からのクラスメートでありバンド仲間のイダユウヤ(topaz)、鈴木貴之(butter butter)の出演が明らかになった。ゲストはshepherdのバンドセットの中に登場する。

また、カネココウタ(カフカ)、羽深創太(ジョゼ)は、オープニングアクトとして弾き語りも行う。なお、今後新たな参加者がいる場合は、オフィシャルサイトで発表される。

ライブ情報は以下のとおり。

●ライブ情報
「brand new last parade」
日程:2016年6月21日(火)
会場:渋谷club 乙
時間:open 18:30 / start 19:00
料金:¥2,500(税込)ドリンク代別途
サポートアーティスト:
カフカ / ジョゼ / イダユウヤ(topaz)/鈴木貴之(butter butter)
OPENNING ACT:カネココウタ(カフカ) / 羽深創太(ジョゼ)
<チケット情報>
発売:2016年5月14日(土)12:00~

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月27日(金)21時0分

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。