ここから本文です

ハイエイタス・カイヨーテ、5/26単独来日公演を速報レポート

RO69(アールオーロック) 5月27日(金)20時19分配信

セカンド・アルバム『チューズ・ユア・ウェポン』を昨年8月に日本リリースしたハイエイタス・カイヨーテが、昨日5月26日、ブルーノート東京で単独来日公演を行った。

RO69では、同公演のオリジナル・レポート記事をお届けします。

-----
【ハイエイタス・カイヨーテ @ ブルーノート東京】

昨年、セカンド・アルバム『チューズ・ユア・ウェポン』をリリースし(デビュー作も今年『トーク・トマホーク+3』として日本盤化された)、ブルーノート東京とBlue Note JAZZ FESTIVAL出演で9月に来日したオーストラリアのバンド、ハイエイタス・カイヨーテ。“Breathing Underwater”はグラミーのベストR&Bパフォーマンスにノミネートされ、前回から約8か月で果たされた来日公演は、横浜のGREENROOM FESTIVAL ‘16出演と、名古屋(5/23)、東京(5/25・26)のブルーノート出演だ。本稿では、単独公演最終日、1stステージの模様を振り返ってみたい。

フューチャー・ソウル/ファンクの旗手として人気を誇るハイエイタス・カイヨーテだが、個人的にGREENROOMでようやく目の当たりにすることができた彼女たちのパフォーマンスは、ポスト・ヒップホップ/ネオ・ソウル時代の先鋭的なジャズ、という印象であった。GREENROOMでは、屋外の開放的な空気も手伝ってか、伸び伸びと陽気に繰り広げられるライヴだったのだが、ブルーノートでは文字通りに高いテンションをキープし続け、彼らのスリリングなコンビネーションが濃い熱狂を育んでいた。

フルハウスの会場で喝采を浴びる、ネイ・パーム(Vo・G・Key)、サイモン・マーヴィン(Key)、ポール・ベンダー(B)、ペリン・モス(Dr)の4人。「コンニチハ」と挨拶する紅一点ネイは、その一言だけでキュートな美声の持ち主であることが分かる。最新アルバムの導入部と同様に、ポールが驚異的なベース奏者でありながらサンプラーのベース音を繰り出すイントロ“Choose Your Weapon”、そして強烈なスウィング感に可変拍子を加えながら歌声をヒートアップさせてゆく“Shaolin Monk Motherfunk”と、楽曲を放ってゆく。宮崎駿の映画監督引退に捧げられた“Laputa”では、グイグイとうねるシンセ音の波形を見事に操り、グルーヴを生み出すサイモンのプレイも素晴らしい。

フォーキーなギターの旋律と、煌めく鍵盤フレーズによって浮遊感を演出する“Breathing Underwater”で歓声を誘い、GREENROOMでも披露されていた新曲“Chivalry Is Not Dead”へと向かう。ペリンは、腕を大きく振りかぶってハイハットを連打する割になぜか優しいタッチを鳴り響かせており、ドラム・パッドも加えてサウンドに彩りを添える。バンド全員が一丸となってクリスピーに弾けるナンバーであった。続いての新曲“Cinnamon Temple”は、歪んだリードベースが燃え盛るエクスペリメンタルな一曲で、カサイ・オールスターズ辺りの電化アフロ・グルーヴをたった4人で消化してしまったという印象。凄まじい勢いで成長し続けているバンドなのだ。

つまり、4人が4人とも怪物的なプレイヤーなのだけれども、複雑なコンビネーションを恐るべき精度で共有することにより、とても開かれた、キャッチーなポップ・ミュージックとなっているわけだ。先鋭的なDJ/ビート・プロデューサーたちが感性とテクノロジーを注ぎ込んで生み出してきたグルーヴが、バンド演奏の在り方を次の次元に推し進めていることが分かる。そしてやはり、ネイ・パームの麗しくチャーミングな佇まいである。力強くソウルフルな歌声とギター・プレイでファンキーなアンサンブルをリードしてしまう“Molasses”は、彼女が新時代のアイコンであることを証明する一幕に思えた。

ライヴ仕様のメロウなイントロを経て歌い出しで沸かせる、という心憎いプレイを見せたのは、ネイがキーボードを奏でながら歌う“Jekyll”だ。ムード先行の「ジャジー」とは一線を画した、個々の生き様が絡み合って生み出される、真にヴィヴィッドなジャズの息遣い。今回のステージではほとんどMCらしいMCもなかったが、ネイが再来日の喜びと感謝を伝えると、めくるめくフレーズと印象深いフックで描き出されるファースト曲“Nakamarra”、そして巧みに音色を操作しながらアンサンブルを燃え上がらせる“By Fire”で、本編を締め括った。

さらに、満場のアンコールの催促に応えると、今回のステージで最もアタック感の強いヘヴィなサウンドで、“Swamp Thing”を叩きつける。問答無用と言わんばかりのプレイとは裏腹に、ネイは楽しそうに笑顔を浮かべ、お辞儀して去っていった。ハイエイタス・カイヨーテは今夏のサマーソニック2016(8/20・東京)への出演を予定しているが、翌8/21には早々にブルーノート東京へと帰還するらしい。ぜひ、進化し続ける4人の姿を多くの人に観て欲しいと思う。(小池宏和)

RO69(アールオーロック)

最終更新:5月27日(金)20時19分

RO69(アールオーロック)