ここから本文です

全22チーム一堂に、女子バレーVリーグ 7月、金沢でサマーリーグ

北國新聞社 5月27日(金)2時57分配信

 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)主催の「2016V・サマーリーグ女子」(北國新聞社後援)が7月1日から3日間、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで開催される。金沢での開催は10年ぶり。全国2都市に分かれて実施されてきた従来と違い、Vリーグ所属の全22チームが一堂に会し、熱戦を繰り広げる。

 大会は若手の強化育成を主な目的として、1981(昭和56)年から毎年開催している。36度目の今年は7月1日に予選グループ戦、2日に2次リーグ戦、3日に順位決定戦を行う。全日本選手権とプレミアリーグの2冠を達成した久光製薬や来季プレミア参入するPFUブルーキャッツの活躍に注目が集まる。

 26日、PFUの新主将に就いた三橋聡恵選手はPRのため北國新聞社を訪れ「力はまだまだ。昇格に浮かれず力をつけたい」と語った。昨季限りで引退し、後援会事務局リーダーになった元全日本メンバーの坂下麻衣子さんも同行し、多くの来場を呼び掛けた。

北國新聞社

最終更新:5月27日(金)2時57分

北國新聞社

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。