ここから本文です

三菱ふそう、ペルーで中・大型トラックの販売を開始

オートックワン 5月27日(金)18時24分配信

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)として協業するDaimler India Commercial Vehicles Pvt. Ltd(DICV社)のオラガダム工場で生産したFUSOブランドの中・大型トラックの販売をペルーで開始した。

このニュースのフォトギャラリー

ペルーでの投入にあたり5月24日、首都リマで発表会を開催、中型トラック「FA」「FI」、そして大型トラック「FJ」を披露した。

アンデス山脈が縦走するペルーは起伏に富み、海抜4000メートル級の山岳地帯が数多くある。南北に長い国土を長距離輸送し、走行環境が過酷で険しい山岳地帯を登坂するトラックには高いエンジン・耐久性能が求められる。

新型ふそうのラインアップではエンジン性能、燃費、エアロダイナミクス、長距離輸送に最適な居住性、操作性などが高く評価されている。

MFTBC 取締役副社長兼セールス・カスタマーサービス本部長 ミヒャエル・カンパー氏は、「大型FJは2013年の販売開始以来、こうした最も厳しい要件を満たす車両として投入国ですでに認知されており、ペルーでも大規模輸送会社から新興企業まで幅広い顧客層から期待が高まっています」とコメントした。

ペルーの現地販売店MC Autos del Peru社社長のJorge Gonzalez氏はペルー市場への投入にあたり、「高い品質力や機能性と効率性に優れたデザインに加えて、十分な在庫を持つ補用部品、そして全国30カ所以上にある拠点で提供するカスタマーサービスに強みがあります。今回新たな車両を投入することで、現在のマーケットシェアを2桁までに拡大することを目指します」と抱負を述べた。

MFTBCは1980年代以来、ペルーに大・中・小型トラックと小型バスを投入して欧州ブランドを含めた商用車市場の中で最大のマーケットシェアを維持しており、特に小型トラック「キャンター」と小型バス「ローザ」はエンジン性能と車両の耐久性能で高く評価されている。

今回の新中・大型車両の導入により、ユーザーの選択肢を広げ、更なる販売拡大と新規顧客獲得を目指す。

最終更新:5月27日(金)18時24分

オートックワン