ここから本文です

スタバで日本統治時代の建築維持 台北市長が称賛/台湾

中央社フォーカス台湾 5月28日(土)11時15分配信

(台北 28日 中央社)柯文哲・台北市長は27日、日本統治時代に建設された歴史的建築物「万華林宅」(台北市)を訪れた。この建物は1階と2階に入居しているコーヒーチェーン「スターバックス」からの収入で維持されており、柯氏は市内にある他の古い建物についても同様の方法で活用できると称賛した。

「万華林宅」は地元の名士、林家の4階建ての邸宅で、1932(昭和7)年に完成。2000年に市の古跡に指定された後、2011年から約3年間にわたり修復工事が進められた。3階と4階は所有者の林家が展示スペースとして利用している。

柯氏は今年4月にオープンしたスターバックスについて、「雰囲気がとてもよい」と感想を述べている。

(劉建邦/編集:杉野浩司)

最終更新:5月28日(土)11時15分

中央社フォーカス台湾