ここから本文です

三代目JSB岩田剛典、突然のプロポーズに「ヤバイ!」と鳥肌。高畑充希は感涙

Movie Walker 5月28日(土)20時39分配信

有川浩の人気小説を映画化した『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(6月4日公開)の公開直前イベントが5月28日にスペースFS汐留で開催され、岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、高畑充希、今井華、木下隆行(TKO)が登壇。登壇者陣がイベントに訪れたカップルのプロポーズを後押しする一幕もあり、結果、プロポーズは大成功。思わず高畑が瞳を潤ませるなど、サプライズと感動にあふれたイベントとなった。

【写真を見る】プロポーズの瞬間、三代目JSB岩田剛典と高畑充希が大喜び!

何の取り柄もない女の子・さやかと、突然目の前に現れた青年・樹のピュアな恋模様を描く本作。「恋したくなる映画」であることにちなみ、交際中&恋歳未満のカップルを集めたイベントを開催。キャスト陣が会場の恋のお悩みに答えることとなった。

あらかじめ会場からのアンケートを募ったこの日。ある女性から「9年付き合っているが、なかなか結婚の話が進まず、背中を押してください」とのお悩みが寄せられた。その女性に手を挙げてもらうことになると、お相手の彼氏は緊張の面持ち。女性は「なかなか話が進まないので、もうそろそろ先の未来が見えたらいいなと。背中を押してもらえたらと思って書いちゃいました」とこちらも緊張の面持ちで、胸の内を明かした。

すると彼氏は「この映画を観て、これまでのことを考えて彼女と一緒にいたいと感じました」と本作を観たことで、改めて彼女の大切さに気づいたことを告白。リアルな胸キュン度に「鳥肌が立った」という岩田が「今、思いを打ち明けてもいいんですよ」と優しく彼氏の背中を押すと、会場からも「がんばれ!」と声が上がる。

会場が固唾を呑んで見守る中、まず彼氏が「これからもずっと一緒にいてください」とお願い。しかしはっきりとしたプロポーズかわからない言葉に、彼女も会場も戸惑い気味。改めて彼氏が「僕と、結婚してください」とはっきりと公開プロポーズをすると、彼女も「よろしくお願いします」とうれしそうな笑顔でその言葉を受け、プロポーズ成功を目の当たりにした会場から「キャー」という歓声と拍手がわき起こった。

岩田は「おめでとうございます!男らしい」と声をかけ、高畑も「ちょっと感動しちゃった。今日イベントしてよかったですね!」と瞳を潤ませて感動しきり。岩田は「ヤバイですね。こんなことあります?『運命の恋、ひろいました』ね」とうまく映画タイトルにかけてカップルを祝福していた。【取材・文/成田おり枝】

最終更新:5月28日(土)20時39分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。