ここから本文です

BABYMETAL、米老舗プロレス団体WWEの興行テーマソングに起用

MusicVoice 5月28日(土)12時3分配信

 メタルダンスユニットのBABYMETALの新曲「KARATE」が、米国の老舗プロレス団体「WWE」が主催するイベント『NXT Takeover』のテーマソングに起用された。

 WWE の最高執行役員を務め、プロレスラーとしても活躍するトリプルH選手のツイートで明らかにされた。

 先日、新日本プロレスから同団体へ移籍した中邑真輔選手も、自身の公式フェイスブックに動画を投稿。キツネサインを掲げ、BABYMETALが起用されることになったことを紹介している。

 「KARATE」はBABYMETALのニューアルバム「METAL RESISTANCE」に収録されており、同アルバムは日本のみならず欧米でも注目され、米・Billboardの「Top 200」では、日本人としては坂本九さん以来53年ぶりにTop40にランクインし、話題になった。

 BABYMETALは現在、3度目となるワールドツアー中で、来月からは、6月10日のメインステージに出演する英・Download Festival UKを含めたヨーロッパツアーをスタートさせる。

 9月19日には、自身初の東京ドーム公演『BABYMETAL WORLD TOUR 2016 TOUR FINAL AT TOKYO DOME LEGEND - METAL RESISTANCE -』も決定している。

最終更新:5月28日(土)12時3分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。