ここから本文です

内藤哲也がデビュー10周年を迎えパレハとともに勝利!

バトル・ニュース 5月28日(土)12時10分配信

 2016年5月27日、この日の新日本プロレス後楽園ホール大会で内藤哲也がデビューから10周年を迎えた。

 ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのメンバーであるSANADA&“キング・オブ・ダークネス”EVIL&BUSHIとともにCHAOSの4人と対戦。EVILが石井を、BOSJ参戦中のBUSHIは外道をおさえ、6・19大阪城でオカダ・カズチカとIWGP戦を行う内藤はオカダにツバを吐きジャベで捉えていく。最後はSANADAが外道をSkull Endで絞め上げ勝利。

 見事パレハと勝利した内藤は「今日何の日か知ってる?まぁさ、誰も注目してなかったけどね。5月27日、10年前の5月27日。俺がデビューした日だよ。まぁさ、みなさまもそんなこと知らなかったでしょう?新日本プロレスの・・・そうだなぁ。社長も会長もみんな知らなかったんじゃない。今日、俺がデビュー10周年、デビューした日だってこと。ま、結局ね。俺は新日本プロレスにとってその程度の存在ですよ」と不貞腐れる。

 だが気を取り直した内藤は「俺ツイッターで見たよ。木谷オーナーが大阪城ホールに来るって。いやぁ、いい知らせだよね。なんか一昨日までがウソのようにオカダが元気だったじゃない。やっぱり木谷オーナーが来るってなったら気合いが入ったのかな?まぁこの調子でどんどん気合い入れて、そしてコンディションを上げて大阪城ホールに来ていただきたいね。木谷オーナーの前で立派な姿を見せてあげた方がいいよ。ま、大阪城ホールが楽しみだぜ」と、シンガポールにまで木谷オーナーに直訴にいったかいあり、御前試合が確定したことに喜びを見せた。

最終更新:5月28日(土)12時10分

バトル・ニュース