ここから本文です

舛添知事、疑惑追及に「一刻も早く答えたい」←何も答えてない

BuzzFeed Japan 5月28日(土)9時43分配信

舛添要一東京都知事の5月27日の定例会見。政治資金での家族旅行など、さまざまな公私混同疑惑について、知事は「調査中」として、またも説明を避けた。過去2回の「精査します」「第三者に調査してもらってから」と繰り返した会見と同じく、疑惑の中身に踏み込まない知事に、記者からは「いつになったら説明するのか」と質問が飛んだ。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

「一刻も早く」

知事は「一刻も早くしたい」「私も早く答えたいんです。今でも答えたいこともあります」と切り返した。

それなら今、答えればいい。だが知事は、胸に手を当てながら、こう続けた。

「しかしそれを今、私が申し上げても、また嘘を言ってとか、またおかしなことを言っているとおっしゃられる可能性がある」

「本当に恥ずかしいことなんですけど、みなさんの信頼を失っていますから。できるだけしっかりとした調査の結果をもって、元検事の方々がこういう調査をなさったなら、それは信じるよと、そうみなさんがおっしゃるような調査をしていただくと思います」

「その上で私はそれを基礎にして、しっかりとお答えをしたいんです」

知事の言葉は次第に熱を帯びていく。

「だから一番、もう明日にでもくださいと思っているのは、実は私であって、それはぜひ信じていただきたいんで」

「もう、本当にですね……。一刻も早くというのは、私がいちばん誰よりも思っていることなんで。もうそのために、全面的に協力いたします、と申し上げておりますので」

確実に覚えている範囲の事実関係や、自らの倫理観など、弁護士の助言がなくても語れる部分もあるはずだ。だが知事は、話せる範囲で丁寧に説明するのではなく、自らのロジックを声高に主張することを選んだ。

「誤解もある」

舛添知事が「答えたいこと」とは何なのか。知事はこう述べている。

「疑惑って言ってもたくさん出ています。だから100個出たら100個、全部、黒であるということではありません。私に言わせれば、これは全く誤解です、というのもありますよ」

別の記者が「疑惑ではないと思う項目もあるということですか?」と問いただすと、「当然です」と知事はキッパリ即答していた。

では、なぜ、いま反論しないのか。知事の説明はこうだ。

「しかしそれをいま申し上げるよりも、しっかり見ていただいて、『これは全く問題ありませんよ』『どういう観点から言っても問題ありませんよ』と出していただいたほうが、私も都民のみなさんにきちんと説明できると思っています」

これではまるで、弁護士が反論材料を用意するまで待ってくれ、と言わんばかりだ。疑惑を払拭するためにしっかりと反論したいのはわかる。だが、知事のいう「第三者の厳しい目」とは何なのか、疑念がわきかねない言い方だ。

「100個の疑惑、全部が黒ではない」という表現からすれば、知事自身も問題があると感じている点があるのだろう。それならば政治家として、少なくともその部分については、自らの判断で即座に公表し、説明すべきではないか。それができない理由は、会見での説明からは、見えてこなかった。

最終更新:5月28日(土)12時30分

BuzzFeed Japan

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。