ここから本文です

ナダルが左手首の故障のため棄権 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月28日(土)1時22分配信

 9度にわたって全仏を制しているクレー王者のラファエル・ナダル(スペイン)が、左手首の故障のため全仏オープンから棄権した。

ナダルがグランドスラム200勝目 [全仏オープン]

 予定されていた3回戦の前日にあたる金曜日に緊急記者会見を行い、この決断を発表した。

 ナダルは木曜日の2回戦を戦う前に手首を痺れさせ、痛みを感じなくさせるための注射を受けていたことを明かした。ナダルは左利き。

 第4シードのナダルは3回戦で、マルセル・グラノイェルス(スペイン)と対戦する予定だった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 27: Rafael Nadal of Spain announces during a press conference that he is withdrawing from the tournament due to a wrist injury on day six of the 2016 French Open at Roland Garros on May 27, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5月28日(土)1時22分

THE TENNIS DAILY