ここから本文です

ふっかちゃん×さのまるパッケージのスイーツが話題 地域活性も期待

埼玉新聞 5月28日(土)10時30分配信

 埼玉県深谷市のイメージキャラクター「ふっかちゃん」と、栃木県佐野市の「さのまる」を包装にデザインした「レモン風味チーズケーキ」と「レーズンサンド」が昨年末に発売され、ファンの間で話題となっている。

 このスイーツは、佐野市に工場がある中山製菓(本社・東京都渋谷区)が製造。包装は深谷市の包装資材販売業オリケイ(鵜養秀男社長)が担当した。

 ふっかちゃんとさのまるは4県6市の人気ご当地キャラクターで構成される「ゆる党」に所属し、さまざまなイベントで共演している。鵜養社長と仕事で付き合いがある佐野市の卸売販売業アサヒサポートの長浜洋子代表が、中山製菓に協力を要請。2体のイラストとプロフィルが入った包装をオリケイが手掛けた。

 レーズンサンドは税込み648円、レモン風味チーズケーキは同540円。深谷市内ではパッケージプラザオリケイ、食品館ハーズのほか、菓子店や温泉施設などでも取り扱っている。鵜養社長は「こういった交流で、両市がさらに活性化してほしい」と話していた。

 問い合わせは、パッケージプラザオリケイ(電話048・571・0457)へ。

最終更新:5月28日(土)10時30分

埼玉新聞