ここから本文です

【MLB】3勝目の田中将大、敵地防御率リーグ1位 敵将脱帽「本当に素晴らしかった」

Full-Count 5月28日(土)12時54分配信

7回無失点の快投にレイズ指揮官「全ての球種が良くて見分けることが困難だった」

 ヤンキース田中将大投手は、27日(日本時間28日)、敵地でのレイズ戦で7回2安打無失点と快投し、開幕から無傷の3勝目をマークした。敵地での防御率はリーグトップに浮上。敵将のケビン・キャッシュ監督も脱帽している。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 田中は4回まで1人の走者も出さないパーフェクト投球。4イニングをわずか46球で投げきった。5回の先頭ピアースに初安打を許すも、後続を打ち取り無失点に抑えた。

 味方打線が3点先制に成功した直後の6回は、2死から二塁打を許し、暴投で2死三塁とするも、ここも後続を打ち取り無失点。7回は再び3者凡退に締めくくり、82球の省エネ投球で降板。ヤンキースは4-1で勝利した。

 ツーシームを主体に、スライダー、スプリットにもキレがあった。ヤンキースの試合を中継する地元テレビ局「YES」のコラムニスト、セス・ロスマン氏は自身のツイッターで、今季の田中の敵地での防御率が1.34となり、ア・リーグ1位となったことを報告している。

 完全に打線が抑え込まれたレイズのキャッシュ監督は「タナカは今夜、本当に素晴らしかった。タフな相手であることは覚悟していた。ボールを低めに集めて、いい仕事をした。カットボール、スライダー、スプリット、速球、全ての球種が良くて見分けることが困難だった」と脱帽している。

 田中はこれで開幕から10試合連続負けなし。防御率は2.89となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月28日(土)13時52分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。