ここから本文です

大坂を破ったハレプ「彼女は信じられないようなプレーをした」 [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月28日(土)8時1分配信

 フランス・パリで行われている全仏オープン(5月22日~6月5日)の6日目。

 第6シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が1セットダウンから巻き返し、18歳の大坂なおみ(日本)を4-6 6-2 6-3で破って4回戦に駒を進めた。

大坂なおみはハレプにフルセットで敗退 [全仏オープン]

 2014年全仏準優勝者のハレプは、世界ランク101位のティーンエイジャーについて「彼女は、信じられないような素晴らしいプレーをした」と話した。

 大坂は今大会が2度目のグランドスラム大会出場。今年の全豪と全仏で3回戦進出を果たした。

 ハレプは大坂にセカンドサービスを叩かれて苦戦し、第1セットを4-6で落とした。

 第2セットを取り返したハレプは、第3セット第8ゲームをブレークして5-3とリードすると、最後は自分のサービスをキープして試合を締めくくった。

 この試合に先立ち、第4シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)が3年連続となる4回戦進出を決め、全仏で最初に4回戦に進んだ選手となった。

 ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)を6-3 6-0で倒したムルグッサは、ほぼ完璧なプレーを見せたと言える。彼女はウィックマイヤーに対してつかんだ6つのブレークポイントのすべてをものにし、さらに、ウィナー19本に対してアンフォーストエラーは11本だけという、印象的な比率を見せた。

 ムルグッサは昨年のウィンブルドンで決勝に進出し、全仏では2014年と2015年に準々決勝に進んでいる。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 27: Simona Halep of Romania reacts during the Ladies Singles third round match against Naomi Osaka of Japan on day six of the 2016 French Open at Roland Garros on May 27, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:5月28日(土)8時1分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。