ここから本文です

ベンフィカ、元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルと2018年まで2年契約延長

theWORLD(ザ・ワールド) 5月28日(土)13時30分配信

ベンフィカ生活3年目に突入

25日、ベンフィカはGKジュリオ・セーザルとの契約を2017-18シーズン終了まで延長したことを発表した。

ジュリオ・セーザルは今季終盤に負傷離脱を強いられるも、リーグ戦24試合に出場してベンフィカのスーペルリーガ3連覇に貢献。そんな彼が同クラブの公式サイトを通じて契約延長の喜びを語った。

「ベンフィカと契約を延長することは僕にとってとても簡単なことだった。とてもスムーズに行えたよ。僕は本当に幸せだ。これからの2年間、愛を感じながらサッカーをプレイしないといけないし、クラブの選択が間違っていないことを証明してみせるよ」

時が経つのは早いもので、2010年にインテルをチャンピオンズリーグ制覇に導いたジュリオ・セーザルは今年の9月に37歳の誕生日を迎える。まだまだ現役バリバリの彼には、今後も若いものには負けていられないと言わんばかりのプレイでファンを魅了してもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月28日(土)13時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。