ここから本文です

【MLB】イチロー、2961安打目は余裕の二塁打 塁間の走りに「誰が42歳と思う?」

Full-Count 5月28日(土)13時43分配信

3試合ぶり安打は“スタンディングダブル”、二塁までの走りに「滑らかですね」

 マーリンズのイチロー外野手は27日(日本時間28日)、敵地でのブレーブス戦に「1番・ライト」で2試合ぶりに先発出場し、3回の第2打席で左中間を破る二塁打を放った。メジャー通算安打を2961本に伸ばし、3000本の金字塔まで39本と迫った。余裕の“スタンディングダブル”を決めた背番号51の走塁は地元メディアから「42歳と思えない」と称賛されている。イチローはこの日、4打数1安打1得点。試合は2-4でマーリンズが敗れた。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローの見せ場は3回1死走者なしの場面で訪れた。79マイル(約127キロ)のチェンジアップを捉えると、地元テレビ局「FOXスポーツ・フロリダ」の実況は3試合ぶりの安打に興奮。メジャー通算2961安打で、今季4本目の二塁打となったことを伝えた。

 すると、現役時代に阪神でプレーした元マーリンズコーチの解説者、エドゥアルド・ペレス氏は「彼の塁間の走りを見てください。滑らかですね。誰が42歳と思うでしょう」と指摘。二塁まで華麗に駆け抜けるイチローについて、惚れ惚れするように語った。

 イチローは21~23日(同22~24日)に3試合で10安打をマーク。しかし、その後の2試合は10打数無安打に終わり、26日(同27日)のレイズ戦は出場機会がなかった。イチローは打率3割5分1厘としている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月28日(土)14時11分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]