ここから本文です

ホークス柳田が驚愕の一発 左打者なのに…左中間スタンド最上段に運ぶ

Full-Count 5月28日(土)15時3分配信

スタンリッジの147キロ直球をフルスイング「芯でとらえることできた」

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が28日、敵地QVCマリンでのロッテ戦で驚愕の一発を放った。

 4点リードで迎えた2回2死二塁。真ん中付近に入ってきたロッテ先発スタンリッジの147キロの直球をフルスイング。打球は左中間スタンド上段に着弾した。

 左打者が打ったとは思えない、衝撃的な弾道。7号2ランでリードを6点とし、柳田は「打ったのはまっすぐ。しっかり、芯でとらえることができました」とコメントした。

 その裏の攻撃でロッテ細谷が2ランを放ち、6-2となったものの、序盤からソフトバンク打線が爆発している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月28日(土)16時27分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。