ここから本文です

「キャリアでもっともつらい記者会見」とナダル [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月28日(土)12時0分配信

 フランス・パリで行われている全仏オープン(5月22日~6月5日)の6日目。

 9度にわたって全仏オープンを制したラファエル・ナダル(スペイン)が、左手首の故障を理由に棄権した。彼は3回戦をプレーするはずだった日の前日に、棄権を発表した。

ナダルが左手首の故障のため棄権 [全仏オープン]

「キャリアでもっともつらい記者会見」と自らが呼んだ会見の間、ナダルは左手首に青いサポーターをつけていた。

「14」のグランドスラム・タイトルを獲得してきたナダルは、ほかのどの大会でも故障を押して戦おうとはしなかっただろうが、「(全仏は)僕にとって一年でもっとも重要な大会だ」と話した。

 ナダルは木曜日に、手首の痛みを麻痺させるための注射を打ったあとに2回戦を戦い、ファクンド・バグニス(アルゼンチン)を相手にストレート勝利を収めていた。しかし、夜が更けるにつれ、「ますます痛みを感じるようになっていき」、金曜日の朝には「手首をあまり動かせなくなっていた」と明かす。ナダルはまた、「もはや練習もできなくなり、(無理して続けても)大会を最後まで戦うことはできなかっただろう」と言い添えた。

 問題は手首の腱鞘にあり、10日にわたって、あと5回も――つまり決勝まで勝ち進んだ場合、各試合の前に痛み止めの注射を打つなど、とんでもないことだと言われた、とナダルは説明する。

「17」のグランドスラム・タイトルを誇るロジャー・フェデラーが大会直前に背中の故障で欠場を決めたあと、今度はナダルを失うことで大会はスターのパワーをさらに抜き取られることになる。

 ナダルは他の誰もが、どのグランドスラム大会でもやらなかった形で全仏オープンを支配した。彼は2005年から2008年まで4年連続でタイトルを獲り、さらに2010年から2014年まで5年連続でタイトルを追加して、ロラン・ギャロスで72勝2敗というとてつもない戦績を誇っていたのである。

「ここでの彼は、我々の最大のチャンピオンだ」と、大会ディレクターのギー・フォジェ氏は言う。

 ナダルの唯二の敗戦は、連勝を「31」で止めることになった2009年の4回戦、ロビン・ソダーリング(スウェーデン)戦と、「39連勝」に終止符を打つことになった昨年の準々決勝、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)戦にある。

 今年、第4シードをつけたナダルは、大会前に、かすかな痛みを手首に感じながらパリにやって来ていたが、それが次第に悪化していったのだと言う。その彼が、1回戦のサム・グロス(オーストラリア)、2回戦のバグニスをいずれもストレートセットで制した。

 その結果、ナダルのグランドスラムでの通算成績は200勝30敗、勝率は87%となり、200勝を挙げたテニス史上8人目の男子選手となった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 27: Rafael Nadal of Spain announces during a press conference that he is withdrawing from the tournament due to a wrist injury on day six of the 2016 French Open at Roland Garros on May 27, 2016 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5月28日(土)12時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]