ここから本文です

トリノ新指揮官ミハイロビッチ、今夏サンプ時代の教え子を勧誘か

theWORLD(ザ・ワールド) 5月28日(土)18時0分配信

インテルでは結果を残せていないが……

25日にトリノの新指揮官に就任したばかりのシニシャ・ミハイロビッチが早くも来季の補強に動いているようだ。

伊『calciomercato』によると、ミハイロビッチは今冬に買取義務付きのレンタル移籍でインテルへ加入したFWエデルに興味を示しており、今夏の獲得候補に彼の名前を挙げたとのことだ。エデルは今季リーグ戦で13ゴールを挙げる活躍を見せるが、そのうち12ゴールはサンプドリアにいた前半戦に挙げたもので、インテルでは結果を残せずに出場機会が減っている。それを見かねたミハイロビッチは、サンプドリア時代の教え子であるエデルを今夏の移籍市場でトリノへ勧誘しようとしているようだ。

現在ヨヴェティッチの放出が噂されているインテルだけに、加入半年のエデルはまだ手放さないかもしれない。はたして、かつての指揮官ミハイロビッチのいるトリノにエデルはやってくるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月28日(土)18時0分

theWORLD(ザ・ワールド)