ここから本文です

【MLB】イチローの起用法にも影響? イエリッチ、スタントンは「復帰を急がず」

Full-Count 5月28日(土)16時2分配信

負傷でスタメンから外れているレギュラー2人について指揮官が言及

 マーリンズのドン・マッティングリー監督が、故障を抱えるクリスチャン・イエリッチ、ジャンカルロ・スタントンのレギュラー外野手コンビの状態について言及したとMLB公式サイトが伝えている。回復具合を明らかにする一方で、スタメン復帰の時期は明言せず。イチロー外野手の起用法にも影響を与えそうだ。

イチロー、安打ではメジャーで何番目? MLB歴代通算安打数ランキング

 MLB公式サイトは「イエリッチとジャンカルロは復帰を急がず」との見出しで報じた。レフトのレギュラー、イエリッチは持病の腰痛で7試合連続で先発から外れている。この日の敵地ブレーブス戦では7回1死で代打で登場して四球。守備にはつかずに交代した。

 一方、ライトのレギュラーのスタントンは右脇腹痛で欠場中だが、記事によると、打撃練習を再開したという。

「最も大事なことは選手の準備が整うまでプレーさせないこと」

 マッティングリー監督は地元メディアの取材に対して「間違いなく彼らの状況は改善している」と語っているが、復帰を急がせるつもりはないという。

 イエリッチについては「まだ100パーセントではない」と指摘。また、スタントンに関しては「ここ(アトランタ遠征)ではプレーしないだろう」と見通しを明らかにしたことを記事では伝えている。

 指揮官はさらに「個人的に最も大事なことは選手の準備が整うまでプレーさせないこと」と語ったという。イチロー、コール・ギレスピーという本職の外野手に加え、デレク・ディートリッチ、クリス・ジョンソン両内野手もシフトし、主軸欠場の緊急事態を乗り越える方針のようだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月28日(土)16時25分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)