ここから本文です

3回戦の勝利をマレーはステーキでお祝い [全仏テニス]

THE TENNIS DAILY 5月28日(土)15時2分配信

 フランス・パリで行われている全仏オープン(5月22日~6月5日)の6日目。

 第2シードのアンディ・マレー(イギリス)は3回戦のストレート勝利を、ステーキのディナーでお祝いするという。3回戦の相手は身長211cmのイボ・カルロビッチ(クロアチア)で、6-1 6-4 7-6(3)で倒した。

マレー、ついに短い労働時間で4回戦へ [全仏オープン]

 1、2回戦はフルセットを戦ったマレー。10セットで7時間以上かけたのに対し、3回戦では3セット、2時間もかけずに試合を終えた。

 コート上でインタビューを行う元プロプレーヤーの一人、ファブリス・サントーロ(フランス)は、マレーに対して次のような質問をした。

「パリのレストランであなたとあなたのチームのために、(フランス語で)食事を注文しているのはあなた自身だと聞いたが?」と言った。

「それで、アンディ、今夜のメニューは?」と聞くと…

「自家製フレンチフライと、グリーンサラダ添えの牛ヒレ肉のステーキ」と、マレーはなかなか悪くないフランス語で答えた。それから彼は、「デザートはなし」と言い添えた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 27: Andy Murray of Great Britain celebrates during the Men's Singles third round match against Ivo Karlovic of Croatia on day six of the 2016 French Open at Roland Garros on May 27, 2016 in Paris, France. (Photo by Dennis Grombkowski/Getty Images)

最終更新:5月28日(土)15時2分

THE TENNIS DAILY