ここから本文です

ベイルの怪我だけは避けてくれ ウェールズ代表DFは恐ろしくてUCL決勝見れず

theWORLD(ザ・ワールド) 5月28日(土)18時30分配信

ベイルの負傷を心配

28日に行われるレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードのチャンピオンズリーグ決勝は、世界中の誰もが注目するビッグイベントだ。しかし、この一戦を不安な気持ちで見ているのがウェールズ代表DFアシュリー・ウィリアムズだ。

ウェールズ代表は今夏フランスで開催されるEURO2016に出場するが、エースのレアル・マドリードFWガレス・ベイルの存在が欠かせない。ウィリアムズは今季ベイルが何度か負傷離脱していることを気にかけており、今回の決勝で再び負傷しないかと心配になっているのだ。

英『Daily Mail』によると、ウィリアムズは決勝をあまり見たくないようで、ベイルが転倒するたびに不安に襲われるとコメントした。

「僕は彼が決勝まで進んで嬉しいし、勝利してほしいと思っている。だけど同時に、上手く乗り切ってほしいとも思う。僕は試合を見ないだろう。なぜなら、彼が転倒するたびにパニックを起こしてしまいそうだからさ」

ベイルはウェールズ代表の象徴であり、恐らくベイルがいなければEURO予選を突破することはできなかったはずだ。本大会でもベイルが欠かせないが、ベイルにはUCL優勝を狙うと同時に元気な体で試合を終えてもらいたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月28日(土)18時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。