ここから本文です

ウィブルドンでマッケンローがラオニッチのコーチに [男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5月28日(土)19時0分配信

 全仏オープン(5月22日~6月5日/フランス・パリ)でテレビアナリストとして働くジョン・マッケンロー(アメリカ)が、ウィンブルドン(6月27日~7月10日/イギリス・ロンドン)ではミロシュ・ラオニッチ(カナダ)のコーチを務めると発表した。7度のグランドスラム優勝を誇るマッケンローは、80年代前半にウィンブルドンを3度制している。

 現在行われているロラン・ギャロスで第8シードのラオニッチは、1998年全仏覇者のカルロス・モヤ(スペイン)とリカルド・ピアッティ(イタリア)のコーチの下、4回戦に勝ち進んでいる。彼のこれまでのグランドスラム大会の最高成績は、2014年のウィンブルドンと今年の全豪オープンでのベスト4だ。(C)AP(テニスマガジン)

腰に故障を抱えたラオニッチが4回戦進出 [全仏オープン]

Photo: LONDON, ENGLAND - DECEMBER 06: John McEnroe of the USA plays a forehand during his Legends Exhibition singles match against Henri Leconte of France during day five of the Statoil Masters Tennis at the Royal Albert Hall on December 6, 2015 in London, England. (Photo by Jordan Mansfield/Getty Images)

最終更新:5月28日(土)19時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。