ここから本文です

ラッシュフォードは“1stシュート”によるデビュー弾の達人だった! プレミアでもヨーロッパリーグでも1本目で……

theWORLD(ザ・ワールド) 5月28日(土)19時10分配信

驚異的なツキを持っている?

この若者は、恐らく普通ではない。いつの間にか現れた18歳が、今やイングランド代表で強烈な存在感を放っている。

決して幸せとはいえないシーズンを過ごしたマンチェスター・ユナイテッドのサポーターは、かつてのウェイン・ルーニーやクリスティアーノ・ロナウドに似た衝撃を覚えていることだろう。赤い悪魔の一員であるマーカス・ラッシュフォードが、イングランド代表として臨んだ27日のオーストラリア戦で開始3分の鮮烈デビュー弾を奪取。右足で叩き込んだその華麗なゴールは、ラッシュフォードによる1本目のシュートから生み出された。彼が繰り広げる“1stシュートの物語”は、今に始まったことではない。今季のヨーロッパリーグとプレミアリーグにおけるデビュー戦でも、ラッシュフォードは1stシュートでゴールを挙げ、ヒーローに君臨。今回のオーストラリア戦を含めると、この怪童は3つの異なるシーンすべてにおいて、1stシュートでデビュー弾を決めたことになる。

ユナイテッドのファン・ハール前監督は素晴らしい土産をオールド・トラッフォードに残したといえるだろう。次なる注目ポイントは、この将来が約束された少年を、ジョゼ・モウリーニョ新監督がいかに扱うかだ。いずれにせよ、すべてのユナイテッドサポーターから熱い歓声を受けるラッシュフォードの未来は大きな可能性に満ちていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月28日(土)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)