ここから本文です

野村氏、仁志氏、里崎氏が選ぶ「理想の侍ジャパンメンバー」は?

Full-Count 5月28日(土)19時52分配信

トークイベントでメンバー披露、野村氏は「ディフェンス重視」

 26日(木)、NTTぷららのオンラインコミュニティサービス「乾杯! ほろ酔いプロ野球部」のトークイベントに、元横浜の野村弘樹氏、元巨人・横浜の仁志敏久氏、元ロッテの里崎智也氏が参加した。その中で3人が「理想の侍ジャパンメンバー」を選び、選考理由を語った。

WBC第1~3回参加メンバー一覧

【野村氏オーダー】

1(中)秋山―西武
2(三)川端―ヤクルト
3(二)山田―ヤクルト
4(DH)筒香―DeNA
5(左)内川―ソフトバンク
6(右)柳田―ソフトバンク
7(一)中田翔―日本ハム
8(遊)今宮―ソフトバンク
9(捕)中村―ヤクルト

代打 ――
先発 菅野―巨人
中継ぎ 森―ソフトバンク or 秋吉―ヤクルト
抑え 上原―レッドソックス

「WBCは今までなかなか点が取れていないからディフェンス重視。キャッチャーは炭谷(西武)でも嶋でもいいが、ピッチャー目線で考えて、中村を選んだ。ピッチャーに対して愛情があるように感じている。4番は中田でも内川でもいいが、打撃力がある筒香」

仁志氏のポイントは2番打者? 「得点力が高いので柳田を選んだ」

【仁志氏オーダー】

1(中)秋山―西武
2(右)柳田―ソフトバンク
3(二)山田―ヤクルト
4(左)内川―ソフトバンク
5(DH)筒香―DeNA
6(一)中田翔―日本ハム
7(遊)坂本―巨人
8(捕)炭谷―西武
9(三)松田―ソフトバンク

代打 平田―中日
先発 菅野―巨人
中継ぎ 則本―楽天 
抑え 大谷―日本ハム

「メジャーの選手が来ないという考えで作った。難しいのはキャッチャー。打てるキャッチャーがいないからディフェンシブなキャッチャーになる。捕ってからの速さ、リードの冷静さを考えて炭谷。WBCはホームランが少ないので、打率が低くてホームランが多い選手は機能しない。国際試合はバントが少ないので、2番は強打の方が得点力が高いので柳田を選んだ」

里崎氏は「今、結果を残している人を重点的に」選出

【里崎氏オーダー】

1(DH)山田―ヤクルト
2(中)青木―マリナーズ
3(右)柳田―ソフトバンク
4(一)内川―ソフトバンク
5(左)筒香―DeNA
6(三)松田―ソフトバンク
7(遊)坂本―巨人
8(捕)嶋―楽天
9(二)菊池―広島

代打 長谷川―ソフトバンク
先発 田中―ヤンキース
中継ぎ 田島―中日
抑え 内―ロッテ

「今、結果を残している人を重点的に選んだ。相手バッターのデータがある選手がセンターに1人いたほうがいい。メジャーにいる選手を入れておいた方が、細かい打球方向が分かり、自分たちで動けるので、2番に青木を選んだ。抑えの内は、狙って三振を取りにいける選手」

 参加者に「どのチームが一番強いと思うか」と問いかけたところ、U-12侍ジャパンの監督で、侍ジャパン日本代表の内野守備・走塁コーチを務める仁志氏のオーダーに一番多く票が集まった。

篠崎有理枝●文 text by Yurie Shinozaki

最終更新:5月28日(土)19時54分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。