ここから本文です

大会6日目結果 [車いすテニス世界国別選手権]

THE TENNIS DAILY 5月28日(土)23時0分配信

「BNPパリバ ワールドチームカップ 車いすテニス世界国別選手権」(東京都・有明コロシアム・有明テニスの森公園コート/5月23~28日/ハードコート)の大会6日目は、男子1部・2部、女子の順位決定トーナメントが行われた。日本代表は、男子1部の決勝に出場してフランスと対戦。日本は0勝2敗で敗れ、大会を2位で終えた。

日本女子とクアードは3位入賞 [第32回車いすテニス世界国別選手権]

 車いすテニス世界国別選手権は、各カテゴリーで予選リーグを戦い、その後、順位決定トーナメントを実施して順位を確定する。シングルス2本、ダブルス1本を行い、2勝以上したチームに1ポイントが与えられ、獲得ポイント数で順位を決定する。

 男子(1、2部)と女子のリーグ戦は、それぞれ3ヵ国ずつの4リーグ。クアード、ジュニアは4ヵ国ずつの2リーグに分かれて試合をし、各リーグの順位が決まったのちに順位別のトーナメントを実施。

     ◇   ◇   ◇

<男子1部 決勝結果>

男子日本代表
監督◎中澤吉裕 コーチ◎丸山弘道
選手◎国枝慎吾、眞田卓、三木拓也、斎田悟司

●日本 0-2 〇フランス

S2 ●眞田卓 1-6 1-6 〇ニコラ・ペイファー
S1 ●国枝慎吾 4-6 2-6 〇ステファン・ウッデ
D 国枝/三木拓也 Not played ウッデ/ペイファー

<男子1部 5、6位決定戦結果>

〇オランダ 3-0 ●スウェーデン

<男子1部 7、8位決定戦結果>

〇アルゼンチン 2-1 ●アルゼンチン

<男子1部 9、10位決定戦結果>

〇ベルギー 2-1 ●スペイン

<男子1部 11、12位決定戦結果>

〇アメリカ 2-0 ●オーストリア

--------------------

<男子2部 決勝結果>

〇中国 2-0 ●ブラジル

--------------------

<女子 5、6位決定戦結果>

〇タイ 2-0 ●フランス

<女子 7、8位決定戦結果>

〇チリ 2-0 ●アメリカ

<女子 9、10位決定戦結果>

〇イギリス 2-0 ●コロンビア

<女子 11、12位決定戦結果>

〇ブラジル 3-0 ●モロッコ

--------------------

【男子1部順位】
1位 フランス
2位 日本
3位 イギリス
4位 オーストラリア
5位 オランダ
6位 スウェーデン
7位 アルゼンチン
8位 韓国
9位 ベルギー
10位 スペイン
11位 アメリカ
12位 オーストリア

--------------------

【男子2部順位】
1位 中国
2位 ブラジル
3位 タイ
4位 マレーシア
5位 ポーランド
6位 イスラエル
7位 ギリシャ
8位 モロッコ
9位スリランカ
10位 ハンガリー
11位 スイス

--------------------

【女子順位】
1位 オランダ
2位 中国
3位 日本
4位 ロシア
5位 フランス
6位 ロシア
7位 チリ
8位 アメリカ
9位 イギリス
10位 コロンビア
11位 ブラジル
12位 モロッコ

--------------------

【クアード順位】
1位 オーストラリア
2位 イギリス
3位 日本
4位 イスラエル
5位 アメリカ
6位 カナダ
7位 南アフリカ
8位 イタリア

--------------------

【ジュニア順位】
1位 アメリカ
2位 チリ
3位 オランダ
4位 イギリス
5位 ベルギー
6位 南アフリカ
7位 日本
8位 ロシア

(Tennis Magazine/テニスマガジン)

最終更新:5月28日(土)23時0分

THE TENNIS DAILY

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。