ここから本文です

巨人、逆転負けで泥沼7連敗 21日まで首位も…ついに最下位と1ゲーム差に

Full-Count 5月28日(土)21時25分配信

今村が4回に一挙4失点で逆転許す、1週間前まで首位もあっという間に最下位目前

 巨人は28日、本拠地で阪神に4-6で敗れ、泥沼の7連敗を喫した。打線は3回に相手のミスもあって2点を先制するも、その後は阪神先発・岩崎の前に沈黙。先発の今村は4回に一挙4点を失い、2敗目(2勝)を喫した。中日に勝った最下位ヤクルトとは1ゲーム差。1週間前の今月21日までは首位だったが、長いトンネルから抜け出せず、最下位転落が近づいている。

 先制したのは巨人だった。3回、2死から坂本が四球を選ぶと、阪神先発・岩崎の暴投で二塁へ。ここでクルーズがニゴロも、北條の悪送球で坂本が生還した。さらに、2死二塁から長野がレフトへタイムリー。2点を奪った。

 しかし、直後の4回に今村がつかまる。先頭の俊介に四球を与えると、福留を三振に仕留めた後、ゴメスにライトへのヒットを打たれて1死一、三塁。ここで原口にライト前へのタイムリーを浴びて1失点。さらに、続くヘイグにレフトへのタイムリーツーベースを打たれて同点とされると、新井にはライトへの2点タイムリーを浴び、2点を勝ち越された。

 この回一挙4失点。原口から3連続タイムリーを打たれ、試合をひっくり返された。

 打線は4回以降、岩崎に抑え込まれる。4回は3者凡退。5回は2死から坂本がツーベースも、クルーズが中飛に倒れると、6回は再び3者凡退に終わった。

 7回、巨人は2死から大田のツーベース、重信の四球で一、二塁のチャンスを作る。ここで阪神は安藤にスイッチ。巨人は好調の坂本が打席に立ったが、初球を打って遊ゴロに倒れた。

 8回は阪神の3番手・高橋から先頭クルーズが相手失策で出塁も、長野、村田、岡本がいずれも外野フライで3アウト。すると、9回、宮国が原口、ゴメスに2者連続ホームランを浴び、4点差とされた。

 9回は阪神の4番手・藤川から2点を奪うも、4-6で敗戦。泥沼の7連敗となった。阪神は7回途中2失点と粘りの投球を見せた岩崎が今季初勝利となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月28日(土)21時35分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]