ここから本文です

蜷川幸雄も愛した劇場、閉館に惜しむ声

Lmaga.jp 5月28日(土)7時0分配信

今月末で11年の歴史に幕を閉じる劇場「シアターBRAVA!」(大阪市中央区)。関係者を対象にした感謝の集いが5月24日に行われ、劇場と縁の深いアーティストや関西のほかの劇場からもスタッフが集まり、別れを惜しんだ。

会場でヨーロッパ企画のメンバーに囲まれるいのうえひでのり

劇団四季の関西の拠点だった「大阪MBS劇場」を再利用する形で、2005年にオープンした本劇場。舞台と客席が近い構造なので作り手&観客ともに贔屓にする人が多く、先日亡くなった演出家・蜷川幸雄も「俺はBRAVA!がいいんだ」と気に入っていたという。

この日は、11年前のこけら落としライブに出演した倭太鼓飛龍、サキタハヂメ(当時は「はじめにきよし」で参加)、押尾コータローが、劇場最後の音楽ライブを実施。また、『ラ・マンチャの男』や『アマデウス』などでこの舞台に立った松本幸四郎からは、「劇場がなくなるのは本当に残念で寂しい限りですが、いつの日か夢を叶える心意気をもって、再びシアターBRAVA!が私どもを迎えてくれることを信じ、数々の想い出と共に別れの杯を上げたいと思います」とコメントが寄せられ、阿木燿子&宇崎竜童夫妻、大竹しのぶ、古田新太からは劇場の想い出を語るビデオメッセージが届いた。

会場には「(ギャグ満載の)ネタもの公演は必ずこの劇場で」と決めていたという劇団☆新感線のいのうえひでのりや、過去公演を4回行ったヨーロッパ企画のメンバーの姿も。いのうえは「お客さんとの距離が近くて芝居に巻き込みやすく、ネタものにはちょうどいい空間。そんな劇場が大阪から、また一つなくなってしまうのが残念です」と語った。

最後に劇場サイドから「劇場運営は場所を変えて続ける意向。現在、次の候補地を探している」というアナウンスが入り、安堵する声も。5月29日にはラストイベント『ありがとうBRAVA! MBSアナウンサー大集合!』が行われる(当日券発売予定)。

取材・文/吉永美和子

最終更新:5月28日(土)7時0分

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。