ここから本文です

苦しむ巨人を支える大黒柱 エース・菅野智之の孤独な戦い

ベースボールキング 5月28日(土)12時15分配信

孤独な戦いが続くエース

 エースの力投に報えない打線が情けない…。

 5月27日に東京ドームで行われた巨人-阪神の“伝統の一戦”。5連敗中のチームを救うべくマウンドに登ったエースの菅野智之であったが、7回無失点の力投も味方の援護なく0-1で敗戦。連敗は6に伸び、菅野には今シーズン初の黒星がついた。

 ここまで10試合・81回を投げて防御率は0.56という驚異的な数字なのにも関わらず、勝ち負けを見ると4勝1敗。それも、昨日の負けに関しては味方の失策によって失った1点が原因。援護がもらえないだけでなく、守備でも足を引っ張られたエースは孤独だった。

チームを“負かさない”ことこそエースの使命

 特にここ3試合は“無援護病”が顕著。5月13日のヤクルト戦では、わずか1点の援護を守りながら9回のマウンドに登るも、味方の失策絡みで失点。延長戦の末にチームは勝利を収めたものの、力投の菅野に勝ちはつかなかった。

 さらに5月20日の中日戦も、8回まで無失点という快投を見せながら、味方打線も10回までゼロ行進。延長11回に挙げた2点で辛くも勝利を収めたが、やはり菅野には勝ちがつかなかった。

 今シーズンは全10試合で最低でも7回を投げ、失点・自責点は3がワースト。10試合中8試合は自責点0という驚異的な成績ながら、ここまで4勝1敗。やはり“異常”である。

 ただし、菅野には負けずに投げ続けてほしい。いくら打線が点を取ってくれなくても、勝ち星は伸ばすことができなくても、菅野が無失点で抑えている限りチームが負けることはないのだ。

 事実、菅野が登板した日の巨人はここまで7勝1敗2分。昨日の阪神戦が初めての敗戦だった。チームを勝利へ導くことこそ、エースの最大の使命。菅野はそれを全うしている。

 苦しい戦いが続くチームの中、いつか報われる日を信じて…。エース・菅野智之の戦いはつづく。

BASEBALL KING

最終更新:5月28日(土)12時26分

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]