ここから本文です

フランス料理、ワインに舌鼓 しいのき迎賓館で「アペリティフ」

北國新聞社 5月28日(土)3時2分配信

 金沢日仏協会などの「アペリティフ365in金沢」(本社後援)は27日、金沢市のしいのき迎賓館で始まった。来場者はフランス産のワインやチーズに舌鼓を打ち、友人と食前酒を楽しむ同国の食文化「アペリティフ」を体験した。

 6月第1木曜の「アペリティフの日」にちなんだイベントで、会場では県内のフランス料理店など12店が、ニース風サラダや能登産イノシシ肉のソーセージといった品を提供した。シャンソンライブが優雅な雰囲気を演出した。

 最終日の28日は午前10時に開場し、ジャズライブや三味線演奏などが繰り広げられる。午後9時まで。

北國新聞社

最終更新:5月28日(土)3時2分

北國新聞社